読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーが行く!英語力UPを目指し海外留学決意のブログ

今更、ロンドン留学を決意。アラフォーの英語力アップ、リスニング、TOEIC、IELTSの勉強法、ロンドン旅行写真や情報についてのブログです。

初ロンドン!アラフォー独身女子がひとり旅~飛行機とホテルの予約~

ロンドンひとり旅をしてから今に至る。

 

旅行をするなら、まず予約。

友達と行きたい場所と日程を決め、ツアーを申込むというのが定番。ただ独身が長くなりしかもアラフォーともなると、なかなか友達と海外旅行の予定を合わせるのは難しい現実。

 

だったら、”ひとり”で行こうかなぁ。

 

が、始まりだった3年前の4月の初ロンドンひとり旅。

もともと国内は思い立つ度、ひとり旅をしていたのだが、初海外。初めてだから安全かつ英語の心配も少なくしたい。ということで、選んだのが、

 

ANAの『旅作』。

 

飛行機とホテル(朝食付)を選んで、送迎オプションもつけて、ネットで簡単予約。この時、出発予定の1ヶ月前。無論、よくわかないけどまあまあ安いか、お高い ホテルばかりしか空いてなく…結局、最初だからと名が通ったホテルを選択。

 

Hilton London Green Park

f:id:Ladywoman:20150312172518j:plain

f:id:Ladywoman:20150313173538j:plain

 英国らしい建物でちょっと感動。メイフェアmayfair地区のリッチなエリアにある。10分ほど歩けばバッキンガム宮殿Buckingham Palace、お買い物エリア Piccadilly circusなどがある。ホテルから数分の所にスーパーや地下鉄があるので、お高いホテルだったが、便利で安全な地域だった。

 

f:id:Ladywoman:20150313120627j:plain

f:id:Ladywoman:20150313120733j:plain

でも、初日は、シャワーボックスのみのとっても小さいお部屋しか空いておらず

がっかり。。。

 

f:id:Ladywoman:20150313173230j:plain

f:id:Ladywoman:20150313173319j:plain

が、現地のガイドさんが初日に交渉してくれたので、2日目からは狭いけど上階のバスタブ付のお部屋へ移動。全然違うやないの~?!

 

朝食はグランドフロアーGround Floor(1階のこと)でビュッフェ式。

f:id:Ladywoman:20150313121117j:plain

 

そして、飛行機はもちろんANA全日空)で直行便。

日本語だから安心とサービスの良さは変えられない。

ということで、その後もずっとANAを利用中。

f:id:Ladywoman:20150313121437j:plain

 

食事は和食をチョイス。

 

f:id:Ladywoman:20150313121522j:plain

デザートは。。

f:id:Ladywoman:20150313121603j:plain

いつもしっかり頂いて、食後は映画をみながら、メイクを落とし、歯磨きし、

寝る体制に。

起きたら、2回目の軽い食事。数時間で、ヒースロー空港着であった。

 

 

初ロンドンひとり旅、iphoneとガイドブックを片手に、楽しく過ごした4日間。

お店とホテルのみでの英語の会話。なんと、お粗末なと思いながらも、

「次も来るぞ!」とワクワクしながら、帰国の途についた。

 

 

f:id:Ladywoman:20161127160025g:plainメモ

・飛行機予約は、PCからiphoneからもできるネット予約が簡単。出発前に自動チェックインが可能で、iphoneにpassbookを入れておいて、空港カウンターで見せるだけで、航空券も荷物を預けるときに発券してもらえて便利。念のため、心配だから、eチケット控は印刷して持っていく。

・ガイドブックはやっぱりあった方がいい。ガイドブックに付属している地図と地下鉄路線図はとても重宝。

・地下鉄代やバス代は、オイスターカードOysterCardというカード買って使うと便利。数種類あるようだが、私はチャージ式を窓口て買って今も継続使用。クレジットカードもしくは現金でチャージすることが可能。あとは、日本と同じように改札でピッ!と押し当て、地下鉄へ。 

 

 渡英前の下準備。ガイドブックで地下鉄、ホテル、観光地、レストランはCHECKしていく方がよいです。

おすすめガイドブックです。

 

スポンサードリンク

ホテル予約はエクスペディアで