読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーが行く!英語力UPを目指し海外留学決意のブログ

今更、ロンドン留学を決意。アラフォーの英語力アップ、リスニング、TOEIC、IELTSの勉強法、ロンドン旅行写真や情報についてのブログです。

ロンドンおすすめホテルとエリアのホテル予約はWEBで~ヒルトンロンドングリーンパーク~

ロンドン情報 ロンドン情報-ホテル

ロンドンで初一人旅の時に宿泊したヒルトンロンドングリーンパーク

ANAの旅作で飛行機とホテルのセットでロンドン中心地に近く便利で、治安がよいという条件のもと出てきたのがこのホテル。ヒルトンホテルと聞くと日本では、名が通っているし安心なイメージなのでお高い?と思いながらもヒルトンロンドングリーンパークに決定したのでした。

今回はロンドン情報としてホテルをご紹介します。

f:id:Ladywoman:20160529163946j:plain

飛行機とホテルのセットツアーでは海外保険は個別に入る必要があります。

クレジットカードに海外保険が付帯していれば、加入の必要はないですが、心配であれば一番定額な海外保険に加入した方がよいです。WEBからでも加入でき、

AIUの海外留学保険 なら空港でも機械がありますので、直前でも加入は可能です。

 

スポンサードリンク

 

ヒルトンロンドングリーンパーク

地下鉄のグリーンパーク駅より徒歩約3分のところにあり、メイフェアという高級エリアにあるホテルです。ピカデリー線グリーンパーク駅は、ヒースロー空港から乗り換えなく1本で行くことができます。ロンドンの地下鉄にはリフト(エレベーターですね)ある駅とない駅がありますが、このグリーンパーク駅には、リフトがありますのでキャリーバックを持っている旅行者にとっては非常に便利な駅になります。

f:id:Ladywoman:20160529164847j:plain

グリーンパーク駅周辺にはマークスアンドスペンサーなどのスーパーやスタバやコーヒーショップなどがあり、リッツホテルもあります。南方面へ10分程歩くとバキンガム宮殿や東南方面んへもう少し歩けば、ナイツブリッジというハロッズデパートがあるエリアにも行けますし、北方面へ行けば、ショッピングエリアのマーブルアーチからボンドストリートやリージェントストリートなどへ行けます。

M&S(マークスアンドスペンサー)

f:id:Ladywoman:20160529192353j:plain

リッツホテル

f:id:Ladywoman:20160529193447j:plain

グリーンパーク

f:id:Ladywoman:20160530005319j:plain

バッキンガム宮殿

f:id:Ladywoman:20160530005337j:plain

 

 

バスタブ付きシングルルームを予約

日本でWEBから予約して、バスタブ付きというリクエストも付けて予約していました。

あと、最初で不安だったので、現地添乗員付き(日本人ガイド)で、到着ロビーで現地添乗員に会い、タクシーでホテルまでの送迎を予約していました。が、この時はホントに助かりました。成田出発から飛行機トラブルで1時間の遅れ、ヒースロー空港ではイミグレーションをでるのに異様に時間がかかり、予定の待ち合わせよりも2時間半近くも遅れてヒルトンロンドングリーンパホテルに到着。

到着時刻が遅かった為、その日はバスタブ付きの部屋がない!とレセプションで言われ、添乗員さんが交渉をしてくれ、翌日はバスタブ付きの部屋が1部屋空きがでるとのことで、部屋の交換をしてもらえるとの確約をしてもらい、1日だけシャワーボックスだけの狭いお部屋に宿泊することとなりました。

英語がスラスラでてこないので、こういった交渉事がなかなか難しいですね。とりあえず、添乗員付きを予約してよかったとほっと一息でした。

ミシミシと廊下がなる中つきあたりの部屋が第1日目のお部屋でした。

f:id:Ladywoman:20160529214352j:plain

狭い。スーツケースを広げるのにやっとの広さでした。アメニティはブランド用品で、紅茶とビスケットは毎日入れてもらえました。

f:id:Ladywoman:20160529200101j:plain

シャワーのみ。到着当日に、お風呂入りたかった~。

f:id:Ladywoman:20160529200158j:plain

第2日目~最終日 4階の高層階へ移動。

快適なお部屋。

f:id:Ladywoman:20160529200512j:plain

バスタブがあるとなんか安心する。

f:id:Ladywoman:20160529200523j:plain

もちろん、ウォシュレットはございません!

毎日お部屋のお掃除とシーツ、タオル、アメニティーは新しく交換してもらえます。

チップは£1くらいをベッドサイドにおいて外出。

ホテルによっては、チップは不要のところもありますし、シーツも両面を使用し2日に一度の交換というところもあります。

水やお湯の出具合も特に問題なありませんでした。

 

スポンサードリンク

 

朝食はグランドフロア(1階)のバーでブッフェ式

受付で部屋番号を人数を行って、お席まで案内してくれます。

料理は、トラディショナルな朝食スタイルでした。

飲み物はコーヒーか紅茶と尋ねられ、紅茶の時はミルクも入りますか?と聞かれます。

紅茶はポットでたっぷり。お湯がなくなるころを見計らって、ポットを入れ替えてくれたり、おかわり自由です。

f:id:Ladywoman:20160529212242j:plain

f:id:Ladywoman:20160529212301j:plain

 

チェックアウト時のレセプション対応

日本からWEBで既に宿泊費は全て支払い済なので、部屋のバー(ミニ冷蔵庫)のもを買わない限り支払いは発生しないので、鍵を返却して領収書を受け取って終了。

日本人のスタッフがいたようでしたが、私がチェックアウトした時は不在でした。

Wifiについては、ヒルトン会員になると無料で使え、ミネラルウォーターも毎日無料提供してもらえます。

空港へ行く時間まで、荷物は預かってもらえますので、チェックアウト時に頼みましょう。

 

日本のヒルトンのイメージで行くと、ジビネスホテルのいい感じといった印象でしたが、古い感じのリフトなど、おしゃれだなと感じるホテルでした。

初回はANAの旅作ツアーにしましたが、2回目からは、航空券もホテルも別々に好きなようにWEBから予約して行くようになりました。

エクスペディア、Booking.comでよく予約して渡英しています。

飛行機はANAのみ使用。サービスがよいし、ご飯が美味しく、洋食と和食から選べます。往復離陸後、すぐに食前のスナックとドリンクサービス、食後のデザートはアイスクリームが提供されます。

行き 昼食・朝食

f:id:Ladywoman:20160530004456j:plain

f:id:Ladywoman:20160530004516j:plain

 

帰り 夕食・軽食

f:id:Ladywoman:20160530004530j:plain

f:id:Ladywoman:20160530004538j:plain

 

ヒースロー空港からロンドン市内までは地下鉄で40分程で行けますので、便利ですが、タクシーなど使わなくても自力で大丈夫。 

ホテル予約はエクスペディアで  

さぁ、楽しんできて下さい♪ 

 

 

 スポンサードリンク