読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーが行く!英語力UPを目指し海外留学決意のブログ

今更、ロンドン留学を決意。アラフォーの英語力アップ、リスニング、TOEIC、IELTSの勉強法、ロンドン旅行写真や情報についてのブログです。

アラフォーロンドン一人旅おすすめ海外ホテル予約サイトはBooking.com

ロンドン情報-ホテル ホテル予約サイト

アラフォーと呼ばれる年齢になってから海外旅行に一人で行くようになり、ホテルを予約するときは、海外ホテル予約サイトを使い、往復の航空券も直接航空会社で予約するようになって、全くツアーで申し込むことがなくなりました。

飛行機とホテルをセットにするとお得なパッケージツアーがあったり、ネット予約で空いてない時に予約が取れたりということはありますが、日程やキャンセル、支払い方法など自由に決められるという点で便利なので、今では海外ホテル予約サイトを利用しています。

今回は、おすすめ海外ホテル予約サイトをご紹介します。

お得な宿泊料金を検索

Booking.com(ブッキグ ドット コム)

国内・海外の世界最大の宿泊サイトの海外ホテル検索、Booking.com 。レジャーやビジネス用のホテルから、別荘やアパートメントまで用途に合わせて予約ができです。また、航空券はもちろん、レンタカーやレストランの予約もできます。スマーフォン用のアプリもあるので、個人でのスケジュール管理も簡単にできて、またビジネス用に会社での出張管理もできてしまう使い勝手のよいホテル予約サイトです。

 

 

最安値保証

 通貨レートやホテル、予約時期によりますが、ホテル料金はほぼ最安値のことが多いので、 ロンドンへ行く時は、このお得な宿泊料金を検索 を利用して予約しています。ただ、別の日に同じ条件で検索しても日々の通貨レートの変動により予約時の料金と同じとは限らないので、渡航が確定するまでは、キャンセル料無料で予約しておき、変動を見ながら予約をしていくと最安値をねらえます。

予約タイプは2種類

予約タイプには、返金不可とキャンセル料無料という2種類で予約が可能です。

返金不可というのは、キャンセル時には宿泊代は返金できませんという確約タイプの予約方法です。メリットとしては、キャンセル料無料の宿泊料金より約1割ほど安く予約ができます

キャンセル料無料というのは、宿泊日前日まではキャンセル料無料でキャンセルができますというタイプの予約方法です。返金不可の予約と違って、日程や宿泊先、レート変動で予約を変更したい、キャンセルしたいといった時に無駄のない予約方法ですが、デメリットとして、確約タイプの返金不可よりも宿泊料金は約1割ほど高くなります

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

現地払いが便利

返金不可とキャンセル料無料の予約どちらも、現地でホテルのチェックインもしくはチェックアウト時に支払うこととなります。【Booking.com】 のサイトで予約をするときのクレジットカード使用は、予約確定に必要になります。

現地での支払いは、クレジットカードでも現金でもOKなので、都合のよい方で。

スケージュール管理

アプリをスマートフォンにインストールすれば、スケジュール管理が簡単にできます。ホテルの情報や地図の表示をしてくれるので、移動しながらチェックも可能です。AppleWalletに追加すれば、カレンダーにも自動的にスケジューリングしてれ、宿泊日にお知らせしてくれます。

 

困った時カスタマーサービスも充実

カスタマーサービスは24時間、年中無休で対応してくれるので、国内でも現地海外ホテル滞在中などにホテル宿泊に関する困ったことやトラブルについて相談ができます。

ただし、通話料がかかりますので、込み入った内容だと国際電話の通話料が高くなりますので注意が必要です。また、相談するときは、予約照会番号と暗証番号が必要になります。

日本から 03 6743 6650

インターナショナル(イギリス)+44 20 3320 2601

カスタマーサービス利用体験

ホテル予約をした時に、キャンセルポリシーについての質問があるときに、カスタマーサービスから直接予約したホテルに電話やメールで確認してくれ、時差があるのでやや時間はかかりましたが、回答はメールや電話でもらいました。 

ロンドンで、クレジットカードが読み込めないといった不具合でカードでの支払いができなくなった時に、予約のホテルのフロントにいろいろと交渉をしてくれました。

ただし、現地からの電話は込み合っていて繋がるのに時間がかかり、相談内容も時間がかかるものだったので、通話料がかなりかかりましたが、丁寧に対応してもらいましたので、問題解決しました。

気をつけて行ってらっしゃい♪ 

 

海外ホテル検索、Booking.com

 

 

ladywoman.hatenablog.com

 

 スポンサードリンク

旅行好きのあなたに、お持ちいただきたいJALカード