読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーが行く!英語力UPを目指し海外留学決意のブログ

今更、ロンドン留学を決意。アラフォーの英語力アップ、リスニング、TOEIC、IELTSの勉強法、ロンドン旅行写真や情報についてのブログです。

EU離脱イギリス除く27ヶ国EU首脳会議移民自由移動など除外設けない

その他-EU離脱の影響 その他 ロンドン情報

 f:id:Ladywoman:20160630112542j:plain

マーブルアーチ(Marble Arch)

 

ベルギーのブリュッセルで開催されたEU(欧州連合)首脳会議はEU離脱が決定したイギリスを除く27ケ国で協議を行い、29日に終了しました。

 

EU首脳会議27ケ国の声明では、イギリスの国民投票EU離脱の結果に関して「深く残念に思うが、尊重する」とした上で、イギリスがEUの単一市場にとどまることを希望した場合、移民を含め労働者の自由移動など除外項目を設けないことが盛り込まれています。また、イギリスからEU基本条約に沿った正式な離脱通告を受けるまでは、非公式を含めた交渉には応じない方針を確認し、イギリスに対して離脱通知はできるだけ早く行われるべきだとも求めました。

イギリスのキャメロン首相は、首脳会議の夕食会で、EU離脱と決めた国民投票の結果を報告し、9月にも選出される次期首相にEU離脱の交渉を委ねる方針を説明し、EU側は大筋でこれを受け入れました。

 

会議後、欧州理事会のトゥスク常任議長(EU大統領)はイギリスが離脱後もEU域内の単一市場に残る場合は、「人、モノ、資本、サービス」の移動の自由がセットであることを条件とし、EU側は、「将来的にもイギリスとは近い関係を望む」としながらも、人の自由移動以外は、単一市場にとどまりたいイギリス側に応じない姿勢を明確にしました。 

また、EU域内の現状に多数の不満が広がっていると意識し、イギリスのEU離脱の影響を抑え、EUの改革を進めるとして、イギリス抜きで結束して臨む決意を示しました。

 

その他、ドイツのメルケン首相は「イギリスが、EUとの関係を今後どうするのかを注視する」と述べてもいます。

 

 

参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000105-mai-int

 

 

ladywoman.hatenablog.com