読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーが行く!英語力UPを目指し海外留学決意のブログ

今更、ロンドン留学を決意。アラフォーの英語力アップ、リスニング、TOEIC、IELTSの勉強法、ロンドン旅行写真や情報についてのブログです。

イギリスメイ首相パリで会談オランド大統領EU離脱期間に理解だが移動の自由は

f:id:Ladywoman:20160722155737j:plain

Canary Wharf(カナリー ワーフ)

 

7月21日、フランスのパリで、イギリスのメイ首相とフランスのオランド大統領が会談しました。

 

会談では、メイ首相は、前日に行われたドイツのメルケル首相との会談内容同様に、
イギリスのEU離脱交渉は年内には開始せず時間がかかること、人の移動をコントロールし単一市場を目指す意向を述べたのに対し、フランスのオランド大統領は、イギリスのEU離脱交渉に対しては、「準備には時間が必要だが、より早いほうがより良い。」と述べました。

 

また、オランド大統領は、イギリス首相とともにエリゼ宮殿で行われた共同記者見では、EU離脱というイギリスの決定を尊重すると述べた上で、新しい関係について交渉する時間に関しては、「フランスにとっては、より早い方がより良い。」と述べ、「交渉前にあたって議論や事前交渉は出来ないが、我々もちろんこういった交渉準備は可能であるし、イギリス政府が樹立したばかりであり、時間を必要としてるのは理解できる。」と、一定の理解を示しました。
しかし、一方で「不確実なものは、多大なる危険がありまた、イギリスが人の移動の自由を受け入れたならば、単一市場へ向かうことが出来る。」とフランスの議論を繰り返しました。


「それが、イギリスが直面している選択である。~単一市場を維持し、それに合せ移動の自由を取るか別の立場をとるか。それが交渉の課題になるだろう。」と。

「もしも人の自由な移動がなければ、物の移動の自由、資本の自由な移動、サービスの自由な移動はあるはずがない。その他を切り離すものは何もない。」とも述べ、「移動の自由」に関しては一貫した立場を取っており、この点に置いてイギリスにとって交渉が難しくなるでしょう。メイ首相の手腕が問われるところです。

 

参考:BBC News

www.bbc.com

 

 

ladywoman.hatenablog.com