読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーが行く!英語力UPを目指し海外留学決意のブログ

今更、ロンドン留学を決意。アラフォーの英語力アップ、リスニング、TOEIC、IELTSの勉強法、ロンドン旅行写真や情報についてのブログです。

ロンドン留学はSIMフリースマホとプリペイドが格安〜3ThreeでSIMカードを購入設定してもらえる

SIMロック解除が義務化され約2年となり、SIMフリースマホSIMカードも人気になっていますが、海外ではとっくにSIMフリースマホは一般的で、SIMカードも簡単に購入することができます。

私はまだSIMフリースマホではないので、海外旅行やロンドンに行く時は、いつも現地に到着後、海外パケット代を気にしながら、キャリアを変更して使用していましたが、1〜2週間ほどの短期の旅行とは違い、先日1ヶ月間のロンドン留学をした際は、現地でプリペイドSIMカード(Pay as you goと言います)を購入してみました。

f:id:Ladywoman:20170404113755j:plain

今回は、そもそもSIMフリーってなに?というところからロンドンではどこで買えばいいの?設定は?など購入方法をお伝えします。この記事がお役にたてれば幸いです。

 

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

 

SIMフリーって何?

f:id:Ladywoman:20170404114723j:plain

スマホガラケータブレットには、このSIMカードを差し込んで音声通話やデータ通信を使う仕組みとなっています。これは、ICチップがついたSDカードで、ICチップには、加入者情報が入っています。ソフトバンク、ドコモ、auなどの自社回線をもつ携帯電話会社をキャリアと呼び、MNO( Mobile Network Operator)としてサービスを提供しています。そのキャリアの乗り換えができなようにロックがかけられています。これをSIMロックといいます。2015年以降、SIMロック解除が義務化され、好きなSIMフリーモバイル端末に好きなモバイル回線を使って携帯スマホが使えるようになっています。それをSIMフリーと呼んでいます。

現在では様々なサービスを提供する事業者があり、MNOの他にMVNE/MVNOがあります。日本でのユーザーが大多数を占めるLINE。LINEモバイルはLINEフリープランがあるMVNOと呼ばれる事業者。人気のSIMフリーモバイル事業者です。

LINEモバイル

MVNO:Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略のこと。

MNOと呼ばれる各キャリアが持っている通信網の一部を借り、通信サービスを提供している事業者のことをいいます。

 

SIMフリースマホ買うならHuaweip8liteおすすめ

今回、1ヶ月間のロンドン留学に行く際に迷ったのはやはりスマホ。いつも日本で使っているiPhoneを持参し、現地で海外パケット通信に切り替え使っていましたが、今回はSIMフリーを使おうと日本でスマホを購入していきました。留学という長期滞在になることでロンドンでは何かと連絡先を記載する機会が多かったことと、通信費を節約することができたので、現地での電話番号が持てるSIMフリー携帯スマホにして正解でした。

SIMフリースマホ、買うならどれがいい?ということですが、個人的にはロンドン留学には、iPhoneがおすすめです。私は今回長期滞在用にMacBookAirを持って行ったので、日本で使っているiPhoneとの合わせ使いで、撮影しまくった画像を保存したりアップしたりなど非常に便利でした。

海外ではiPhoneだけでなくAndroidスマホもよく見かけますので、スペックを確認してご自分の希望する使い勝手の良いスマホを選ぶと良いでしょう。

 今回、私が1ヶ月間のロンドン留学用に購入し日本から持って行ったSIMフリースマホは、「Huawei p8 lite」でした。2015年モデルで価格も安く、新品未使用品¥14,000(充電ケーブル・イヤホン付)で購入できました。Huawei製品はリーズナブルなので、スマホ2台目として購入するにはおすすめです。

Huaweiってどんな企業なの?

まだまだ巷では聞き慣れないHuaweiですが、ファーウェイと呼ばれ、中国の企業です。元々は携帯電話のインフラ整備に必要な通信機器を開発していましたが、最近は自社オリジナルSIMフリースマートフォンの端末を手がけるメーカーで、韓国のサムスン電子、米国アップルにつぐ世界第3位のシェアを獲得しているほどの企業です。

 

 モバイルwifiルータ(wimax/イー・モバイル)

 

Huaweip8liteのスペック

f:id:Ladywoman:20170404114802j:plain

SIMフリー携帯スマホはHuaweip8liteのスペックは、Android5.0、メモリ16G、microSDHCメモリーカード、カメラ1300万画素万画素、撮影用フラッシュ付、GPS機能、デザリング対応、LTE対応。おサイフ機能は付いてません。

ロンドン1ヶ月間留学では、LINEやWhatsAapp、写真撮影、学校の授業中に辞書がわりにインターネットを使用、出先では音声通話は着信専用、Wifi環境ではLINEなどで電話するというのが主だったので、Huaweip8liteで十分なスペックでした。

 また、ロンドンでもHuaweiの端末を取り扱った携帯ショップがあるので、SIMフリーカードの購入から設定まで簡単にしてもらえます。

 

 

ロンドンでSIMフリーカードを購入するには?

ロンドンは、SIMフリー自由国。SIMフリースマホSIMフリーカードは様々なものがあり、端末だけで99pで販売されているものもあったりします。回線契約して継続的に使うものから、Pay as you goと言ってプレペイド式で使うものまで、本人の生活形態により選ぶことが可能です。SIMフリー端末とSIMカードのセットで1万円以内で購入できるものもあるので、語学力に自信があれば、店頭で相談してみるべきでしょう。

そんなSIMフリーカードはどこで買うのか?

空港の自動販売

f:id:Ladywoman:20170404115218j:plain

ロンドンヒースロー空港で入国審査を通過し、最後のBaggage reclaimのレーンの片隅に「SIM CARDS」という看板がついた自動販売機があります。ここで購入し、日本から持ってきたSIMフリースマホにセットし設定すればすぐに使うことができて、とても便利です。この自動販売機で購入するには、£札やコインでは購入ができません。クレジットカードやデビットカードなどのカード払いになりますので、ご注意ください。

自動販売機の上段にある「Tree Pay as you go  30days」が一番よく使用されています。

www.three.co.uk

 

 ロンドン市内のモバイルショップ

f:id:Ladywoman:20170404115617j:plain

日本のソフトバンク回線ユーザーであれば、海外パケットネットワークの1つvodafoneUKのショップがたくさんありますので、そこでSIMカードを購入して設定してもらうのが良いでしょう。EEというモバイルショップもイギリスでは大手電話会社になるので、市内でよく見かけますのでここで購入設定してもらうのもおすすめです。

私がSIMカードを購入してその場で設定してもらったのは、Oxford streetにある3Three Store。このお店にはHuaweiの端末とSIMカードのセット販売がされていたのでここに決め、店頭ですぐさま設定してもらいました。

設定は、15分程度で完了。”もし動かなかったら持ってきて〜”とフレンドリーな店員さんでした。その後、私のHuaweiは、30日間問題なく稼働していました。

ちなみに、英語でどう言ったかというととてもシンプルな英語です。

Huaweiの端末を出しつつ〜

I'd like a sim card for a month for this. 

(このスマホに1ヶ月間用のSIMカードが欲しいんですが)

ただこれを言っただけで、SIMカードを持ってきてくれて、機能と金額を教えてくれて、その場で設定してくれました。が、googleを英語設定(当たり前ですが 笑)してくれたので、若干使い勝手が悪く、後ほど言語を日本語へ変更した程度でそのほか問題なく。

 

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

 

Pay as you go 30days のSIMフリーカードのスペック

ロンドンで購入したSIMフリーは、30日使用の12GBのPay as you goで、価格は£20。日本円で約¥2,900(2017年2月中旬おそらく¥145くらい)程度。サイズは、NanoSIMです。30日使用の12GBのPay as you goの仕様としては、通話は着信専用、電話番号が割り当てられているので、テキストメッセージの送受信可能、WifiエリアではLINEやWhatsAppも使えるのでこれで音声通話が可能。こちらから電話をかけて音声通話をする場合、Topup(チャージ)をすれば可能。

f:id:Ladywoman:20170404122059j:plain

 

ロンドンでSIMフリーカードを使ってみて

SIMカードのスペックは、1ヶ月間のスマホ使用では十分な機能で、何より通信費の使いすぎがなかったのがよかったです。Topup(チャージ)して音声通話しなかったので、追加金額なし。ただし、ロンドンの地下鉄では、ほぼ”圏外”になるのと、時間帯や場所によっては、ローディングに時間がかかるという点ではややマイナスではありました。とはいっても、いつもの海外パケットと比較するととんでもなく安く1カ月間使うことができました。

 

ロンドンではWifiエリアも上手に利用しましょう

 ロンドン市内では、ホテル以外でも、デパートやスーパー、カフェなどはほとんどWifi環境が整っています。充電についても、カフェの壁際の席にはコンセントがあるので充電ケーブルさえ持ち歩けば、バッテリー切れの心配もありません。

旅行の際は、場所の確認で地図を開いたり、乗り物の料金を調べたりと出先での調べ物が多く、1日の海外パケット代がいつもMAX。帰国したら、電話代がすごいことになっている!なんてことも。このWifi環境を利用しつつ、上手にスマホやPCを使いたいものですね。長期滞在の旅行や留学には、やはりSIMフリーが便利です。

 

 

 

 ロンドン語学留学1カ月の学校についての記事はこちら

ladywoman.hatenablog.com

 

 

 ロンドン語学留学激短1週間の記事についてはこちら

ladywoman.hatenablog.com

 

 

 

スポンサードリンク

LINEモバイル